金の大切さを知り
逆境越え地球に貢献

Earth's Group株式会社

中小企業の会計や財務等のサポート、コンサルティング業務を行うRiseなど五つの子会社からなるEarth's Group。自身の生い立ちと経験から「誰よりもお金の大切さを理解してきた」という渋谷和比古代表取締役は「お金の循環を生む中で経済社会の持続可能な改善を図りたい。それが地球への貢献につながるはず」と語る。

01

〝運〟を嘆かず、〝お金〟で差を埋める

幼少期を養護施設で過ごした渋谷代表は、中学卒業後すぐに社会人となり、日雇いで稼いだお金でカプセルホテルに泊まったり、友人宅を転々としたりする日々を送っていたという。

渋谷代表は「そんな生活を続けていたら定職に就けないのでは、という不安を感じて一念発起し、弁護士を目指して勉強を始めました」と約5年、引きこもって法律の勉強に励んだが、金銭的な理由で弁護士の道を断念した。
「自分が弁護士になるころ、同年代は専門分野を持って独立する。なぜ、こんなに違うんだろうと深掘りして考えた結果、一つは“運”だと思いました。スタートラインから差が付いてしまったのは、やっぱり生まれた環境や場所だった。後天的にどうにかなるものではないんですよね」と語る。

だが、渋谷代表はコントロールできない“運”を嘆くのではなく、「この差を埋められるのは“お金”だ」と、自分の努力でいかようにもなる“お金”に興味を持つようになった。その後、知人の紹介で外資系の保険会社に就職した。養護施設で両親を亡くしたり、奨学金で進学したりする子供を見ていた中で、生命保険の重要さも身に染みていた。完全実力主義で、上下関係もなく、全てがフラットな外資系企業で、営業は数字、結果で勝負する世界に感銘を受けたが、入社当初は学歴について言われることも多かった。だが、入社1カ月目に歴代売上記録を更新する。「やっぱり最初は知り合いに声をかけるので、大学の同期などがいないことで悪く言われることもありましたが、自分の人生を変えたかったのもあって、意地で人生の中で一番働く1カ月にしようとがんばりました」と振り返る。

学歴は関係ないと思っていた渋谷代表だが、契約件数が自分の3分の1にも関わらず、売上が2倍という同期との違いを探る中で、学歴の大事さにも気付いた。「その同期は一流大学の出身で、前職はテレビ局。そこのコネクションですよね。学生時代のつながりの質の違いなんだと理解したときには、『学歴はあった方がいいのかな』とも思いました。でも、自分はそれがない分、ハングリー精神や根性があった。逆境を活用して、ここまで来られたというのは今、何をするうえでも自信になっています」と力を込める。

02

グローバルな視点でお金の課題を解決

お金に対する知識を深めたことで将来への不安が解消できたという渋谷代表は、多くの人が精神と経済の安定を得られるように、財務や会計のコンサルティングを軸にクライアントの課題解決に取り組むRiseを設立した。香港や台湾などの国際的な会計事務所とのパイプが強いことから、複数の専門分野を組み合わせるスタイルで、課題の発見から解決まで、グローバルな視点で手がけているのが特徴だ。

「まずはクライアントが目指すビジョンにおいて、お金に関する障害を取り除く。我々が『お金の専門家』として経済的な支援をすることで、経済力を持つ方々が増えれば、それは将来の地球にとって有益なことになるはず」と語る。

「お金の循環を生む経済活動を通して地球に貢献すること」を理念に、企業からなるEarth’s Groupを率いる渋谷代表は、グループの社員に対して「管理をしようと思わないこと」を意識しているという。「大事なのは同じ方向を見られるかどうかで、思いを共有できる人としか仕事はしないと決めています。全員と顔を合わせて、というのは難しいですが、当社には“ライフイズム”と呼んでいるコアバリューがあり、それを大事にしています。何ごともハートでつながらないとうまく進みませんから」と話す。

渋谷代表は「98%くらいは“運”かもしないが、お金はコントロールできるものだと早めに理解したことが逆境を乗り越えられた要因」と分析。「強いて言うなら、努力し続けられる才能はあったかもしれません。幼いころの自分と同じような境遇にいる子どもたちにも、狙って努力して得られた結果は、必ず自信につながると伝えたい。僕より偉大な経営者の方はたくさんいますが、同じ境遇だった僕が話すからこそプラスになる。そういう存在になれたら、という思いも持っています」と語る。

渋谷代表は「自分が目指すものを早く実現できることがお金の素晴らしさ」といい、そういった気付きを得られるマネースクールから、お金のプロを育成することも目標にしている。渋谷代表の挑戦はまだまだ続く。

Earth's Group株式会社代表取締役

渋谷和比古

1986年、東京都出身。幼少期から養護施設で育つ。弁護士を目指すが、大学進学の費用を工面できず断念。知人の紹介から大手外資系保険会社に就職した後、経営支援を軸とした株式会社Riseを設立。現在は、同社を含む子会社五つからなるEarth's Groupの代表を務める。